Blog Tag『エッセイ』の一覧

ボブという名のストリート・キャット(著者/ジェームズ・ボーエン 訳/服部京子)

ボブという名のストリート・キャット(著者/ジェームズ・ボーエン 訳/服部京子)
まず、表紙が良いです。茶トラのボブの写真です。 ボブはこの本に書かれている通り、人の目を惹きつける魅力があります。 ついつい本を手に取ってしまいます...

続きを読む

チャイとミーミー(著者/谷村志穂)

チャイとミーミー(著者/谷村志穂)
谷村志穂さんの作品では過去に『海猫』『余命』を読んだことがあります。 このエッセイを読むまで、谷村さんが猫と暮らされていることを知りませんでした。 ...

続きを読む

いっしょにいるだけで(著者/森下典子)

いっしょにいるだけで(著者/森下典子)
スランプだった森下さんはお母さんとふたり暮らし。 二人とも猫が嫌いでした。 ところが、お父さんの思い出の木の下で野良猫が5匹の仔猫を産んでいるじゃあ...

続きを読む

猫のあしあと(著者/町田康)

猫のあしあと
町田康さんが仕事場で一緒に暮らしている(保護している)猫ちゃんとの暮らしエッセイです。 今回は続々と増えてしまう仕事場で暮らす猫ちゃんたちがメイン。 ...

続きを読む

猫にかまけて(著者/町田 康)

猫にかまけて(著者/町田 康)
町田康さんは、パンク歌手だけど芥川賞を受賞した人ということしか私は知りませんでしたが、猫が好きなんだということを知り、この本を読みました。 町田さんの...

続きを読む

猫、ただいま留守番中(著者/南里 秀子)

猫、ただいま留守番中(著者/南里 秀子)
キャットシッターの南里さんが、仕事でお世話した猫ちゃんや飼い主さんとの出来事、キャットシッターの裏ワザ、動物病院のこと、愛猫の死などについて書かれていま...

続きを読む

眼が見えない猫のきもち(著者/徳大寺 有恒)

眼が見えない猫のきもち(著者/徳大寺 有恒)
徳大寺さんご夫妻と暮らすチャオぴんは、ほとんど全盲です。 本を開くと徳大寺さんとチャオぴんが仲良く映っている写真があります。 チャオぴんの眼はウイン...

続きを読む