猫語の教科書(著者/ポール・ギャリコ 訳/灰島かり 写真/スザンヌ・サース)

tag

「猫が書いた、猫のための本」こんな帯を見ただけで、「何それ?!」と猫好きは興味がそそられます。

最初に「編集者のまえがき」があるのですが、この部分でこの本ができたきっかけが書かれているのですが、それがとっても愉快です。
暗号のような原稿が届けられ、ポール・ギャリコは解読します。
驚いたことに、この原稿は猫が書いた猫のためのマニュアルだったのです!

第1章「人間の家をのっとる方法」すごいタイトルが・・・・・・(笑)
猫と暮らす人間は実はのっとられているのです!
魅力的なポーズ、表情、声を出さないニャーオ、飼い主の操作方法(?)などさまざまな知恵を持っています。
人間の女性に似ているので、男性の飼い主は簡単だと言っています(笑)
しかし、一方で、猫が人間に対するマナーや気遣いまで書かれていて、面白いのです。

ツィツアという名の猫の写真が掲載されていますが、かわいいです。
漫画風になっているページもあります。
読みやすくすぐに読み終わる本。オススメ。

猫語の教科書 (ちくま文庫)