猫のあしあと(著者/町田康)

tag,

町田康さんが仕事場で一緒に暮らしている(保護している)猫ちゃんとの暮らしエッセイです。

今回は続々と増えてしまう仕事場で暮らす猫ちゃんたちがメイン。
後半は前回エッセイでもひょうきんさとかわいさをアピールしてくれたゲンゾーくんのお話でした。

町田さんはなんというか心が広いですね。
くるもの拒まず状態です。(いったんプチっと怒るんですけど、拒まない。読んでいただくとわかります)

シャア、ニゴ、トラ、ウメチャン、エル。
みんな病気を抱えています。
野良猫だったので最初は町田さんに「シャア」と威嚇していますが、そのうち慣れてきます。(それでも触らせてくれないのですが)

病気の為、お互いの病気が感染しないようゲージで別々に過ごしてもらうのですが、町田さんは何回もゲージを組み立てたため相当慣れたようです。

病気の猫ちゃんが多いため、闘病のお話、奇跡的なお話、悲しいお話があります。

また、町田さんが最後の方では反省されています。
私も泣いてしまいました。

猫ちゃんと一緒に暮らすということは、その猫ちゃんの命を預かっているということ。
病院に行くことも選ぶことも猫ちゃん自身はできない。
私たちが彼らの異変に早く気付き、知識を得ておかなければならないのだと改めて思いました。

猫のあしあと